カミソリで丁寧に剃るのが良い鼻の下の毛

カミソリで丁寧に剃るのが良い鼻の下の毛

鼻の下の毛の処理には、以前は電気ひげ剃り器を使っていました。しかし皮膚が柔らかく、微妙な凹凸のある部位なのでどうしても剃り残りができました。

 

もともとひげ剃り器に対して皮膚が弱い体質なのもあり、強く剃ったり何度も同じ個所を剃ると赤くなったり、痛みが生じることも経験し、その後、カミソリに変えました。シェービングクリームや洗顔せっけんなどで泡立てて顔に塗り剃って行きます。

 

鼻の下の毛は下に下がって生えているので、カミソリを下から上に動かせて剃っています。強く剃ると発赤したり、皮膚を切ってしまうことも経験しているので、できるだけ優しく剃っています。

 

以前、この部分だけ剃り残しがあり、笑われたことがあるので、丁寧に剃るようにしています。特に鼻の両側の部分は、皮膚が柔らかく切れやすいので、優しく慎重に剃っています。

 

誤って皮膚を切ってしまうと、顔はなかなか血が止まりにくいので丁寧に慎重に剃っています。以前は鼻の下を伸ばした格好で剃ったり、皮膚を引っ張ったりして剃っていたけど、普通の状態の方が剃り残しが少ないように感じ、そのままの状態で剃っています。

 

慌てず剃るようにしているので、前の晩入浴時に剃っています。優しく丁寧に剃るのを心がけています。

 

 

鼻の下の毛の毛穴目立ちが改善

今まで鼻の下の毛が気になり、カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりという自分なりの方法でケアをしていました。しかしそのケアを長年続けていたところ、以前よりも鼻の下の毛穴が目立つようになってしまい、けっきょくファンデーションの厚塗りに頼ることになってしまいました。

 

ついにファンデーションを塗っても、毛穴がぼつぼつと浮き出ていて、近くで顔を見られるのがコンプレックスになっていました。どうやら自己流のケアによって毛穴が広がってしまったようで、そこにファンデーションや皮脂などが詰まってしまっていたようでした。

 

このままファンデーションで隠し続けるのは、根本的な原因の改善にはならない、一生自分に自信が持てないまま生きていくのかと考えると、とても不安な気持ちになったので、自己流のケアをやめて、しっかりと治療をすることに決めました。

 

そこで、専用のクリームを試してみたところ、黒くなってしまった毛穴も改善され、またぼつぼつしたところが小さくなったように感じました。今では下地クリームとファンデーションを薄く塗るだけで自信が持てる羽田になりました。肌の色も透き通ったきれいな肌色になったように感じていて、毎日がとてもしあわせです。

 

⇒産毛用のクリームについてもっと知りたい方はこちら