女性の大きな悩みどころ顔の産毛処理

女性の大きな悩みどころ顔の産毛処理

顔の産毛をどう処理するかは、毛深さで悩む女性が抱える課題の中でも、最も大きな悩みどころです。自己処理方法の中で、比較的手軽でリーズナブルに済む方法としては、やはり市販の顔剃り専用カミソリで、気になる産毛を剃って行くことです。

 

安易に自分で剃るのは、毛穴や肌を傷めるので良くないとも言われていますが、背に腹は代えられないので、目立つ箇所は、毎日もしくは一日おきくらいに剃っています。

 

本当は刃にフィルムガードが付いていないタイプのほうが完ぺきに剃れるのですが、ガードが付いていないものは、見た感じが怖いのと、明らかに肌が傷みそうなので、必ずガード付きで行っています。

 

毛を根元から完ぺきに剃った場合、伸びてきた時に毛の断面がさらに目立って来るので、実際よりも太く濃く見えるというデメリットがあります。それが気になってすぐにまた剃ると、よけい目立つという悪循環に陥るとのことで、フィルムガードのおかげで、ちょっと不完全な程度の剃り方になっているほうが良い気もしています。

 

よく剃れるカミソリは、顔の産毛処理のかたわら肌の表面の角質も一緒に剃っている面もあるとのことで、敏感肌の女性は特に、カミソリ負けしてしまうリスクも高まります。

 

カミソリ負けしてしまうとメイクどころではなくなってしまうので、顔の産毛処理をいかに安全に行うかは、スキンケア製品選び以前の重要課題です。昔ながらの床屋さんの技術で顔剃りをしてもらうと、メイクの仕上がりが違って来ると言いますが、敏感肌にとってはそれもハードルが高い感じで、長年、良い方法を模索し続けています。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?