鼻の下の毛細血管が見えたら

鼻の下の毛細血管が見えたら

顔の産毛を処理していたら急に「鼻の下の毛細血管」が見えてきた、目だってきた!という方は、皮膚が透明になっているわけではありません。

 

鼻の下の毛細血管が拡張して目立つようになってきているという症状です。ただ、鼻の下の毛細血管が目立ってきたところで、普通にメイクすれば隠れます。
でも、これがどんどん拡がっていくと、なんだか赤い毛細血管鼻のおじさんみたいに見えてきますから、今から原因と対策をしていきましょう。

 

まずは、体質や加齢によって鼻の下の毛細血管が浮き出る状態では、メイクをしても隠せなくなってくる時もあるそうです。
こういう場合、この症状は自覚していても、治らないものと思ってあきらめている方も多いと思います。

 

でも、レーザーやフォトフェイシャルなどで治る方法もあるということを覚えておいてください。
まず病院の皮膚科に行った場合には、内服薬や軟膏などの塗り薬を処方されるかもしれません。それは長期間かけて治療していく方法です。
ビタミン類であったり、自律神経を整える成分が含まれているお薬だそうです。

 

また、レーザーや光を照射する事で、拡がっている毛細血管を収縮させるという方法もあるそうです。
すぐに結果がでる治療法ではありますが、治療費は普通の皮膚科の何倍もかかりますし、根本的な治療になっていないために、後日発生する可能性もあります。
生活習慣でストレスが多い、緊張状態が続くという場合、毛細血管が拡張するという性質があるそうなのです。
そこで、皮膚の薄い鼻の下の毛細血管が良く見えてくるようになるというらしいです。

 

だから、根本的な治療法はやはりストレスの緩和、自律神経が正常に働くことを促すことです。
軽い運動や、入浴、睡眠も関係してきます。これって産毛を薄くさせる方法とまったく同じですよね。
これで女性ホルモンが正常に分泌されることによって、産毛が薄くなると紹介されています。

 

その他には刺激物の強いものを摂取しない。あまり身体になれていない辛い食べ物を食べたり、スパイスの効いたものを食べると、毛細血管が広がります。
また、カフェイン、アルコールもそうですよね。身体には良いとされていないものばかりです。
できればアルコール・喫煙などはやめるのが一番良いと思います。

 

それから、皮膚への外部からの刺激を少なくすることも重要です。摩擦が多いと、それだけ皮膚は刺激されて毛細血管が拡張することになります。
できれば、泡洗顔などをして、毛細血管が拡張しないような洗顔方法、スキンケア方法を試してみましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?